今日の本田建築設計

旭区東希望が丘K様邸リフォーム⑩欄間にサッシ!

旭区東希望が丘でご自宅のリフォームをされることになったK様。玄関アプローチのコンクリートうち、お部屋のリフォームも根太や大引も解体して進んでいます基礎の補修をしてその上に土台をのせました。土台とその上にのる大引はお客様のご要望により県産材のひのきを使用させていただきました。根太は県産材の杉を使用しました。リフォーム前は床下に断熱材が入っていなかったので、今回は床下すべてに断熱材を入れました。K様はおうちの耐震のこともご心配されてのリフォームでしたので新しく壁になる中に筋かいをできるだけ入れることにしました。床はフローリングを張る前に合板を捨て張りにしました。天井は石膏ボードを貼る前に断熱材をいれました。次は壁です。壁はまず補強壁を貼ってその上にボードを貼ります。リフォームもどんどん進んでいます。今回リフォームをされるお部屋の掃出しの窓のサッシは既存のままで取り換えはしなかったのですが、その窓の上に欄間があり、その部分はサッシではなく、ガラスが入っていたのでこの部分にサッシを入れました。

サッシを入れた欄間

以前はこんな感じでした。

赤丸の部分が以前の欄間

細かい部分もしっかり施工します。

横浜でおうちの新築、リフォームは本田建築設計に!