今日の本田建築設計

屋根・外壁塗装をするときに。

屋根や外壁塗装をする時期を見極めるのは難しい。。ましてやどこの業者に頼んだらいいのかわからない。。とおっしゃるお客様の声をよく耳にします。

また、外壁や、屋根のことなのでお客様ご自身が見られないところを、近隣の工事に入っている業者さんに指摘されて、ご心配になって弊社にお問い合わせになるお客様も何軒かいらっしゃいます。

今回、外壁塗装のご依頼を受けたお客様の事例をお伝えします。

中沢・K様邸

アドバイザーのポスティングしたチラシをご覧になってのご依頼でした。築35年になるお宅の屋根・外壁塗装と外壁のサイディングの塗膜の塗装材がはがれているようなところの補修をご希望でした。いざ、その部分のサイディングをはずしてみるとなんと玄関脇の通し柱に水が回って2階まで柱がすかすかの状態になっていました!サイディングは塗膜部分がはがれてしまうと下の木の部分が腐ったような状態になってしまうのですが正にその現象が起こっていました!

外壁塗装をするときに

玄関脇の通し柱に水が回ってぼろぼろに!

これでは大きな地震があったときに倒壊する可能性もあります。

(幸いシロアリの調査も行ったところ、シロアリはいませんでした。)早速本田建築設計の大工たちの補修工事が始まりました。塗装とサイディングの補修以外にも新たな通し柱の補修もすぐに対応させていただけました。

しっかりと補修!

このような状態の通し柱が合計2本あり、補修と金物補強を行いました。

外壁塗装をするときに

金物を入れることで柱の強度が増します。

補強工事を行ったことで近隣の方々には工期が延びてご迷惑をおかけしましたが、皆様お互い様よ、とお声掛け下さってありがたかったです。

外壁もとてもきれいになったわね、とみなさまにおっしゃっていただけました。

ビフォー
外壁塗装をするときに。

足場もたっています。

アフター
外壁塗装をするときに。

きれいに塗装できました。水が入らないよう、コーキングもばっちり!

一言に外壁塗装といっても塗料を塗るだけではなく、大工による補修工事が発生することもあります。今回のK様邸のような事例ではもしそのまま外壁の塗装だけをしていたら。。と思うと大工による補修をさせていただけてよかったと思います。

屋根・外壁塗装をどうしようかお考えの方はぜひ本田建築設計お問い合わせフォームまでどうぞ!

横浜でおうちの新築、リフォームは本田建築設計に!