今日の本田建築設計

建て替え工事・M様邸・外壁工事

M様邸建て替え工事

本田建築設計はお客様とのお打ち合わせを重ねたおうちの新築・建て替え工事を行っております。

中希望が丘・M様

昨年末から建て替え工事が始まっているM様邸。年末に配筋検査を受け、基礎のベースコンクリートを打ちました。その際、排水のための配管の設置も行っています。土台敷きも完了!

材料を入れ、養生もして足場も設置上棟の日を迎えました。作業後に上棟式がとり行われました。大工による金具を取り付けたり筋交を入れる作業も終了

ベランダ工事も行われました。断熱効果を高めるために床や壁に断熱材を入れました

フローリングを貼り、養生しました

住器も入り始め、ユニットバス工事が行われました

通気工法

外壁はサイディングが貼られます。皆さんは「通気工法」というものをご存知でしょうか。通気工法に大きく関係してくるのが「胴縁」の施工方法。写真に写っている、等間隔で施工された細いつが材が胴縁と呼ばれる材です。

M様邸建て替え工事

縦に並ぶ縦胴縁(たてどうぶち)

一般に外壁の仕上げ材を施工する際の下地としての役割を持ちます。この胴縁に外壁の仕上げ材を固定していくことで、外壁工事が進められていきます。今回のM様邸の外壁工事では胴縁を縦方向に施工する『縦胴縁』が用いられました。胴縁には大きな役割があります。

それは「外壁内の通気を確保すること」です。この通気を確保する工法を、「通気工法」といいます。もしこの胴縁が存在しなかったら、外気からのは外壁を伝って室内へ侵入してしまいます。胴縁がないと、夏暑く冬寒い家が出来上がってしまうのです。

熱を蓄えた空気は上昇する性質があります。外壁内に空気の通り道を作ってあげることでを上部へ逃がすことができ、室内への侵入を阻止することができます。上部へ逃げたは、外壁と屋根の隙間から外部へ放たれるので外壁内にがこもることもありません。

M様邸建て替え工事

縦胴縁の上部はサッシとの間隔があいています。

「通気」を設け外壁を「呼吸」させてあげることで、熱や水分が快適な暮らしを生み出します。その胴縁に金物をつけてサイディングを固定していきます。

M様邸建て替え工事

金物

横浜でおうちの新築、リフォームは本田建築設計に!