今日の本田建築設計

保土ヶ谷区・K様邸お宅拝見!温度変化による断熱性能のよさ編②

本田建築設計で新築の保土ヶ谷区のK様邸。温度変化による断熱性能のよさ編①で、冬でも暖房は使うことなく、リビングの前夜と翌朝の気温変化が少ないこと、外気温に左右されないことなどをデーターから見ていただき、木製トリプルガラスが一因であることをお伝えしました。

今日は使われている断熱材についてお伝えします!

今回K様邸で使われたのはアクアフォームという水を使って現場で発泡させる発泡ウレタンを使用しました。これを吹き付けることにより柱と柱の間や細かい部分にも隙間なく充填できます。

K様のお宅に飾られていたオブジェ。有名な造形家の方の作品かとおもいきや!

縁起物みたいにたまたま形づいた発泡ウレタンのかけら

なんとこれは発泡ウレタンを吹き付けたときに現場に落ちていた発泡ウレタンのかけらにマジックで目をつけたものなんだって!なんだか恵比寿様のように見えるのは私だけ?

この発泡ウレタンは断熱材として使用されているグラスウール(細かいガラス繊維が絡み合ってつくられる空間によって熱を伝えにくくしている断熱材)にくらべ、細かい連続気泡で構成されるので断熱効果も高く、断熱材内部に湿度を侵入させにくいため、おうちの中の結露も抑制して建物の耐久性も高めます。グラスウールは施工のときも隙間に空間ができてしまったり、厚みが変わることにより断熱効果が保たれなくなることなどあるそうですが、発泡ウレタンにはそれはないことが強みになるようです。

実際に吹きつけをしたときの写真で作業の様子を明日アップしたいと思います。