今日の本田建築設計

保土ヶ谷区・K様邸お宅拝見!24時間トータル換気システム編

24時間換気

本田建築設計で新築の保土ヶ谷区のK様邸。温度変化による断熱性能のよさ編③で気密性のよさが発泡ウレタンによる断熱材を使ったことについてお伝えしました。実際このように遮音性や冷暖房効果を求めて高気密・高断熱住宅が広く普及してきています。高気密・高断熱化することにより室内外との遮断は確保できるのですが、空気の入れ替えという点からは逆に不利になってきています。また、住宅建築材料の中にある成分もできるだけ換気が必要になるものも多いということなどから平成15年7月建築基準法が改正されて24時間機械換気が義務づけられました。24時間換気システムで必要な換気量は居室においては0.5回/h、つまり、2時間に1回家中の空気が入れ替わる換気量を確保しなければならないと定められています。

24時間換気システムには第一種換気・・排気も吸気も換気扇(機械による)、第二種換気・・排気は自然、吸気は換気扇(機械)、第三種換気・・排気は換気扇(機械)、吸気は自然と3種類あって、K様邸は第一種換気です。

全熱交換ユニットを下から見てみた。

K様邸の全熱交換ユニット(冷暖房ロスを最小限にするため、排気する空気から「熱」と「湿気」を給気する空気に戻すもの)は玄関にある物入れの天井に埋め込まれていました。

リビングにあった24時間トータル換気システムのスイッチ

気密性のよさを生かすために、このような24時間トータル換気システムで換気は重要です!