地袋(じぶくろ)

地袋とは、和室の床脇(とこわき)下部などに設けられた袋戸棚(中が空洞・棚などがついていない)のことです。
開閉部は、引き違いの小さな襖です。また上部は通常、木目の美しい板を用いており、花瓶などを飾るのに適しています。貴重品や季節の飾り物などをしまう場所として利用されます。また、収納機能に加えて、和の趣きを醸し出すものとしても活用されています。おまけですが押入れや床脇の上部にある収納は、天袋(てんぶくろ)といいます。

和室のいろいろ

和室を洋室にリフォームするときにはこの地袋を取り外すことにより洋室らしくなります。和室でのアイテムと言えます。