県産材(けんさんざい)

県産材とは、それぞれの県の森林から伐採された木材のことをいいます。日本全体でいうと国土面積は、およそ3,778万ヘクタールで、そのうち2,512万ヘクタールが森林です。
日本においては、法律や森林を守る制度などによって、「森林の木を伐ったら苗木を植え、育て、再び森林にする」ことになっています。緑豊かな森林を保つためには、間伐材(森林においての木の健全なを助けるために一部の木を切って出た木材)をはじめ、それぞれの森林から生産される「県産木材」を使うことを通して、間伐を促進し、森林を循環させていくことが必要です。それぞれの県が県産材を使うことにより地域の産業の発展に役立っています。

日本は森林が多いです!