今日の本田建築設計

春はデッキ交換おススメです!

今年は寒くなったり暖かくなったりで桜も長持ちしていますね。でもようやく今日くらいから春本番!お外でのガーデニングにも最適な季節になってきました。

先日のおうちに関する相談会にいらしたお客様のお宅でウッドデッキを新しく作り替えたいというお客様のところに工務担当とアドバイザーでお伺いしてきました。

ウッドデッキとして使用する木材のサンプルをお持ちしてお話させていただきました。

写真上・イペ材 写真下・SPF防腐剤注入材

今回おすすめしたのは写真下のSPF防腐剤注入材です。この写真ではノンロットというペンキとは違う、染み込ませる塗料を塗ってありますが塗る前は防腐剤を木材内部に染み込ませてあるのでその色で赤くなっています。これでデッキを作ると、2年に1回くらいはこのノンロットの塗り替えをおすすめします。ただ、デッキの上に屋根があったりするとそこまで劣化しないようです。(木材は雨と紫外線が大敵です!)ノンロットはいろいろな色が選べておうちの雰囲気に合わせることができます。

 

写真上のイペ材は塗装なしで使える木材です。丈夫で横浜の大さん橋にも使われています。重量もあり、硬度もあります。ただお値段がSPF防腐剤注入材の5倍以上になってしまいます。

このようなご提案の中、お客様のニーズに合わせたウッドデッキを作らせていただきたいと思っています。

これからの季節、おうちのデッキを見直しされてみてはいかがでしょうか?