今日の本田建築設計

LIXILやさしい建築写真教室②スマホ編その2

おうちのリフォームをしたときに写真をきれいに撮りたいと思ったことはありませんか?

本田建築設計でも多くのお客様の新築、リフォームを手がけさせていただいて写真をHPに載せているので、より良い写真を撮れるようLIXIL主催の写真教室に行ってコツを聞いてきました。

今日はスマホで建築写真を撮るときのコツの2回目。

コツは2つでした。

1、いい感じの明るさで撮影する!

2、垂直、水平を意識する!

今回は2の垂直、水平を意識して撮影する、ということを。

まず撮影時にグリッド(格子)線を表示して撮影することが大事です。iphoneだと「設定→写真とカメラ→グリッド(ON or OFF)」で表示できます。アンドロイドではカメラの設定の中にグリッド線表示があるものが多いと思います。

そしてここからがポイント。撮影時にグリッド線を見ながら「画面内に水平線、垂直線」を意識して撮影することが大切!!

会社の入り口を水平線、垂直線を意識して撮ったもの、意識しないものを比較してみます。

意識したもの

スマホでの写真撮影のコツ

水平線、垂直線を意識して撮ってみました。

意識いなかったもの

スマホでの写真撮影のコツ

水平線、垂直線を意識しない上にガラスに撮影者が写ってる。。

意識したものは画面内に水平・垂直のラインをつくっています。このポインを守ると建築写真として安定感のある写真になります。

場所的に正面から撮るのが難しい(全面に余裕がない)場合は垂直線だけ合わせて斜め方向から撮るのがおすすめです。

LIXILショールームでユニットバス、シューズボックスを垂直線を意識して撮影してみました。

ユニットバス

スマホで写真を撮るコツ

ユニットバス

シューズボックス

スマホで写真を撮るコツ

シューズボックス

垂直線を意識して斜めから撮るのも中央部分は垂直でも外側に行くほど垂直ではなくなってしまうのでカメラを垂直に持つことも大事です。

明るさや垂直などの修正はあとからでもできますが、手ブレを直すことはできません。両手でがっちりとスマホを持つとシャッターボタンを押すときにブレがちなので左手にスマホを乗せ、右手はシャッターボタンを押すだけにしましょう!

 

次回は一眼レフカメラでのコツについてお伝えします。

横浜でおうちの新築、リフォームは本田建築設計に!