今日の本田建築設計

お客様とショールーム巡り

ショールーム巡り

キッチン、お風呂(洗面台)、トイレのリフォームのときは各メーカーのショールームに行っていろいろな商品を見比べてみることをおすすめします。

旭区東希望が丘のお客様で建売でお買い求めになって35年経ったおうちのキッチン、お風呂、トイレのリフォームをお考えで3月のおうちに関する相談会にいらしたお客様。打ち合わせを重ねてイメージができたので工務、営業とお客様でクリナップとTOTOのショールームに行ってきました。これからより便利にお住まいになろうと言うお客様のご希望にこちらでご提案をして現物を見ながらつめていくことにしました。

キッチン(クリナップショールーム)

今のキッチンはI型で、シンクに立つとリビングに背中を向ける形でした。今回のリフォームではL型のキッチンにして、リビングと対面できる仕様のシステムキッチンをご提案していました。実際にL型キッチンの仕様を体感され、ご希望の食洗機、IHヒーターをご覧になってやっぱり機能面でご納得のいくものでのお見積もりに変更をされていました。

ショールーム巡り

IHコンロにすることがご希望でした。

お風呂(TOTOショールーム)

お風呂も在来のタイル張りのお風呂で床も冷たかったので断熱材を入れたTOTOのおすすめのユニットバスをご覧になり、お風呂の形状などお好みのものをお選びになりました。

ショールーム巡り

ミニチュアで色の雰囲気などを確かめます。

洗面台(TOTOショールーム)

洗面台はシンクが陶器か人工大理石かでそれぞれの長所、短所をふまえてお好みのものを選びます。陶器のシンクは汚れがつきにくい、落ちやすいと言う利点がありますがうえからの落下物によっては割れてしまう可能性があります。強度が高いものが人工大理石ですが着色が取れにくいと言うこともあり、ご自分のライフスタイルからお選びになっていただきます。また、キッチンの調理台の高さは標準が85センチなのですが、洗面台の標準は80センチと調理台よりは低くなっています。洗面台が85センチだと洗顔のときなどに肩が上がって体に負担がかかるのだそう。なるほどです。

ショールーム巡り

左が85センチ、右が80センチのシンクの高さ。この差は大きい!

洗面台の前面の鏡も三面鏡になっているものが今の最新型のものは一面が手前まで伸びる便利な仕様に。

ショールーム巡り

鏡が手前まで伸びる!便利!

トイレ(TOTOショールーム)

トイレはウォッシュレットと便器が一体化ではないものがおすすめです。一体化しているとウォッシュレットだけ交換ということができません。今はリモコンで少ない水で流すエコ小というボタンもありました。

ショールーム巡り

トイレのリモコン。エコ小は水の量が少なく紙を流さないときにいいようです。

お客様とクリナップのショールーム、TOTOのショールームにご一緒してこちらも勉強になりました。ありがとうございました。

各メーカーごと特色があるので実際に目にして手にとって見ることが大切かと思います。

おうちのリフォームでお悩みの方、是非本田建築設計までお問い合わせください。おすすめプランをご提案してショールームにもご一緒いたします。

横浜でおうちの新築、リフォームは本田建築設計に!