今日の本田建築設計

県産材木材活用推進セミナーその④製材工場見学

伐採された木材は製材工場に運ばれ材木になります。

県産材の生産を認定されている株式会社市川屋さんを見学しました。

県産材製材工場

たくさんの材木が積まれていました。

広い工場内で原木を材木にするまでにいろいろな工程を踏むことがわかりました。

県産材製材工場

製材機に入れられた丸太。横に裁断モニター室があり、最適サイズが決まるそうです。

木材を乾燥する乾燥機が何台もあり、中も見ることができました。

県産材製材工場

温度を調節しながら含水率を20パーセント程度に落とすそうです。

神奈川県の県産材はスギとヒノキ。製材されたものには県産材のマークがついていました。

県産材製材工場

かながわ県産材を示すシール

市川屋さんの社長は県産材を製材することで森林の保全、回復につながるとおっしゃっていました。この後県産材を使った施工現場に向かいます。

横浜でおうちの新築、リフォームは本田建築設計に!