旭区・さちが丘Sビル・ALCパネル外壁塗装

Sビルは他店にて建てられ築30年、外壁にALCパネルを使用しています。

ALCパネルはALC(高温で発泡加工した軽量コンクリート)を金属網で補強して作られています。

ALCパネルのメリットは

・軽量で住宅への負担も軽く施工する側も工期短縮が可能。

・断熱性・耐火性・遮音性が高い。

デメリットは

・ALCが多孔構造であるため防水性がない。防水・耐久性は塗料に依存。

・定期的メンテナンスが必要

今回、Sビルはシーリングの劣化および部分的な雨漏りが見られたため本田建築設計にご依頼があり、補修および外壁塗装を行うことにしました。

溝部分にひび割れが見られます。

 

足場をかけ、高圧洗浄で外壁を洗浄後、下地調整を行い、シーリング材をクラック(ひび割れ)部分にうっていきます。

補修してシーリング

 

その後、下塗り、中塗り、上塗りと3回にわたり塗料を塗っていきます。

下塗り

中塗り

上塗り

施工後

ひび割れもなくつやが出ました。

さちが丘・Sビル

すっかりきれいになりました。